「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上・大江季雄選手と西田修平選手の絆!感動のエピソードとは

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://mainichi.jp/

歴代の陸上選手はどのような活躍をしたのだろうか? 戦前のオリンピックで活躍した大江季雄選手、西田修平選手のエピソードを紹介する。

二人は戦前の陸上選手

大江季雄選手と西田修平選手はともに陸上競技で、棒高跳びを得意としている選手だった。二人とも戦前の選手であり、ともにベルリンオリンピックに出場している。現時点では二人とも逝去されているが、今でも名前を知っている人が多い選手だ。その秘密は、二人の素晴らしいあるエピソードによるものだ。
まずは二人の生い立ちや記録を紹介する。

大江選手の経歴

大江選手は、1914年に京都府舞鶴市で生まれた。
子供のころから陸上競技に明け暮れており、1935年にブタペストで開催された学生を対象とした国際大会において、準優勝という快挙を打ち立てた。大江選手の躍進は止まらず、1936年に4m34cmを達成し、当時の日本記録を作りあげた。同じ年に開催されたベルリンオリンピックに日本代表として出場しており、その時に同じ代表として出場していた西田選手と戦って3位の記録となった。

おすすめの記事