「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【陸上競技】投てき競技、名選手5選!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri/Shutterstock.com

陸上競技で「力」を競う投てき競技。 7kg以上あるハンマーを80m前後投げるハンマー投など見るものを圧倒する。 そんな投てき競技の名選手を紹介する。

室伏広治=日本

室伏広治選手は、日本の投てき競技を語る上で外せない選手だ。 1998年に、父である室伏重信の日本記録を更新する76m65を記録。その後、2000年のシドニーオリンピックには順当に選出されるが、雨の影響も大きく、入賞を逃してしまう。しかし2004年アテネオリンピックでは、1位選手のドーピングが発覚し、繰り上げでの優勝となった。
日本国内では1995年から日本選手権20連覇を続けた、日本人投てきの象徴的選手だ。

ランディ・バーンズ=アメリカ

ランディ・バーンズはアメリカの砲丸投げ選手だ。 23m12という記録は2016年現在でも破られておらず、20年以上も破られていない世界記録だ。
素晴らしい記録を残し、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得するが、常にドーピング疑惑が付きまとう選手でもあった。1998年に、筋力増強剤の陽性反応が出てしまい、無期限の停止処分が下り、バーンズは否定をするものの、事実上の引退処分となってしまった。

おすすめの記事