「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【陸上競技】跳躍競技・棒高跳の名選手5選!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Vitaliy Holovin/Shutterstock.com

ポールを使ってダイナミックで美しいフォームでバーを飛び越える競技が棒高跳だ。 男子のトップクラスの選手では6m近く跳躍する選手もおり、陸上競技において、存在感がとてもある競技だ。 棒高跳の名選手、5名を紹介する。

セルゲイ・ブブカ=ウクライナ

現役時代、「鳥人」の愛称で呼ばれた選手がセルゲイ・ブブカだ。
ブブカは、トレーニングで100m走、重量あげ、体操など、異なる種目を取り入れており、抜群の身体能力が特徴の選手だった。 世界記録を1cm単位で、少しずつ更新していく様子から、「ミスターセンチメートル」と揶揄する声もあったが、世界記録を35回も更新する偉業の持ち主だ。 オリンピックでは、ボイコットや不調により、活躍が限られるが、1998年のソウルオリンピックでは金メダルを獲得した。
息子は、プロテニスプレイヤーのセルゲイ・ブブカ・ジュニアだ。

エレーナ・イシンバエワ=ロシア

女子選手でありながら、当時は不可能とまで言われた、5mの壁を初めて突破した選手がエレーナ・イシンバエワだ。 競技の待機中、自身で用意したマットの上に仰向けになり、タオルを顔に掛けて集中するルーティーンが特徴だ。 セルゲイ・ブブカに倣い、世界記録を1cmずつ更新し、これまで28回更新を積み上げている。
リオオリンピックへは、ロシア陸上競技団のドーピング問題の余波を受け、出場はならなかった。

おすすめの記事