「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今の陸上界を作ってきた名選手たち!陸上競技跳躍の名場面紹介

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Herbert Kratky/Shutterstock.com

スポーツにはこれまで数多くの名場面が生まれてきた。中でも陸上競技は2016年のリオデジャネイロオリンピック、パラリンピックでも多くの選手が活躍した。陸上競技の中で跳躍競技に注目し、その名場面を紹介したいと思う。

跳躍競技とは?

様々な種目が行われる陸上競技だが、今回紹介する跳躍競技は走り高跳び、走り幅跳び、棒高跳び、三段跳びの4種目から構成されている。陸上競技の中でも、トラックで行われる100m走やハードルといった種目がトラック種目と呼ばれるのに対して、フィールドで行われることからフィールド種目と呼ばれている。
高く、遠くへ跳ぶということを追求するこれらの競技だが、その歴史は非常に古く、紀元前に行われていた古代オリンピックで既に走り高跳びや走り幅跳びは行われていた。

ディック・フォスベリー1968年メキシコオリンピック(走り高跳び)

ディック・フォスベリー選手は、今の走り高跳びの歴史を作ったといっても過言ではない選手だ。
1968年のメキシコオリンピックにアメリカ代表として出場したフォスベリー選手は、それまで走り高跳びで主流の跳び方とされていたベリーロールに変えて背面跳びを初めて世界レベルの大会で実施した選手だ。さらにすごいことにフォスベリー選手はこの大会で金メダルを獲得し、走り高跳びでは背面跳びが主流の跳び方となり、記録が一気に上がっていった。
背面跳びは今も行われる跳び方であることからも、フォスベリー選手は走り高跳びの歴史を変えた選手だと言える。

おすすめの記事