「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上競技が強い国はどこ?強さの理由に迫る

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Shahjehan/Shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピックでの日本代表の活躍で、陸上競技に興味を持ったという方は多い。種目別に陸上競技の強国を探り、その強さの理由に迫りたいと思う。

陸上競技が強い国とは?

2016年に行われたリオデジャネイロオリンピックの陸上競技におけるメダル獲得数を見ると、1位はアメリカで金13銀10銅9の計32個、以下2位ケニア(計13個)、3位ジャマイカ(計11個)、4位中国(計6個)、5位南アフリカ(計4個)と続き、日本は計2個で17位だった。リオデジャネイロ大会以前を見てもアメリカはメダル数で他国を大きく引き離して1位となっており、世界トップクラスの強豪国であると言える。
しかし陸上競技には多数の種目があり一概にメダル数=陸上競技全般で強いということにはならない。国によってピンポイントで強い種目というのもあるのだ。そこで2各種目ごとの強豪国を挙げ、その強さの理由に迫りたいと思う。

スプリント種目。ジャマイカ

かつてスプリント種目で強さを誇っていたのはアメリカだった。しかし近年ではウサイン・ボルトに代表されるようにジャマイカのスプリント種目での活躍が目立つ。男子100m・200mの世界記録はボルトが、さらに4×100mリレー・4×200mリレーの世界記録もジャマイカが保持している。
なぜこんなにもスプリント種目でジャマイカが強いのだろうか?その理由の1つがジャマイカ人のルーツにある。
現在のジャマイカ人の多くのルーツは、かつて労働力として海を渡ってきた西アフリカ出身の移民だ。西アフリカの特徴として暑い気候が挙げられ、その気候に適応するために西アフリカの人々は体を大きくし汗をかきやすい筋肉質の体へと変わっていったと言われている。そのような肉体的な特徴がボルトのような爆発的な脚力の源になっているのだ。

おすすめの記事