「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上競技はいつから行われていたのか?歴史を紐解く

2017 1/30 20:43
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by FS Stock/Shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピックで日本中を歓喜の渦に巻き込んだ陸上競技。そんな陸上競技の始まりと、陸上競技の各運動様式「走・投・跳・歩」の種目をそれぞれ1つ挙げその歴史を紹介したいと思う。

陸上競技の始まり

陸上競技は、走る・投げる・跳ぶ・歩くなど基本的には道具をほとんど使うことなく競い合う競技だ。その歴史は非常に古く、紀元前776年に行われた第1回の古代オリンピックではすでに走る種目が行われていた。
しかし、古代オリンピックよりもさらに前から人々は走・投・跳・歩といった運動を行っており、祭事として競技会が開催されていた。競技に用いられる運動の様式自体はいつ生まれたと断言することはできないが、それを競う競技会としての発生は非常に古いものであると言える。
世界的に見ると非常に長い歴史を持つ陸上競技だが、日本の陸上競技の歴史はかなり後れて始まった。日本でも、走・投・跳・歩といった運動の様式自体は存在していたが、陸上競技とされたのは、明治時代に入ってからだ。イギリス人教師によって伝えられたと言われている。

「走」の歴史。リレー

オリンピックでの日本代表の活躍が記憶に新しいリレーだが、その起源は神聖な火を儀礼や祭礼に運ぶための方法として行われたものと、政府が重要な情報を全国各地に早く伝えるために行ってきたものという2つの系譜があった。
現在行われているような形のリレーは1893年にアメリカで誕生した。当時、アメリカの東西に渡って郵便をリレーして配達する馬から発想を得て、バトンを受け渡して走るリレーを思いついたということだ。オリンピックで初めてリレー競技が行われたのは、アメリカでのリレー誕生から15年後の1908年ロンドン大会で、メドレーリレーが行われた。日本で初めて正式にリレー競技が行われたのはさらに後で、1913年だった。

おすすめの記事