「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根が生み出す『山の神』たち〈2〉

2017 1/16 12:15きょういち
山の神
このエントリーをはてなブックマークに追加

マラソンへの適性がないのでは

 初代「山の神」である今井正人選手が社会人になってから、なかなかマラソン選手として開花しなかったことは「箱根が生み出す『山の神』たち①」でお伝えしました。

 課題はいつも30キロからの走りにありました。山登りが強かったイメージから、スタミナがあるような印象がありましたが、実はそうではありませんでした。30キロを越えると、走りが硬くなり、最後には腰が落ちて、失速してしまう。その繰り返しでした。

 関係者ではこんな噂が流れていました。

 「今井はマラソンへの適性がないのではないか」

 トラックの1万メートルで速かったり、駅伝でものすごい力を発揮したりする選手がマラソンで成功するとは限りません。やはり、42・195キロというのはとんでもなく長いのです。終盤で失速し、マラソンで成功しない選手に対して「マラソンへの適性がない」と言われますが、今井選手にもそういう声が聞こえました。今井選手が所属するトヨタ自動車九州の森下広一監督も、頭を抱えていたのを思い出します。

おすすめの記事