「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学三大駅伝って?〈3〉~箱根は悪なのか~

2016 12/26 11:01きょういち
大学三大駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、大学駅伝を締めくくる箱根がやってくる

 2016年も、あとわずか。大学三大駅伝を締めくくり、最も人気も注目度も高い「東京箱根間往復大学駅伝競走(通称・箱根駅伝)」が、いよいよ間近に迫ってきた。

 93回目となる今大会。今年の出雲と全日本を制し、1990年の大東文化大学、2000年の順天堂大学、2010年の早稲田大学以来となる史上4校目の大学駅伝3冠を狙う青山学院大学に注目が集まる。

注目の青学は「サンキュー大作戦」

 勝てば箱根も3連覇。11月の全日本では「エビフライ大作戦」をぶちまけた青山学院大学の原晋監督ですが、今回は「サンキュー大作戦」なんだとか。その心は「3連覇と3冠を狙う。そして、今回は原体制となって9度目の出場。感謝の気持ちを持って箱根路に臨みます」ということらしい。こんな作戦がスポーツ紙では大きく扱われる。これが30%に迫る視聴率をたたき出す箱根の人気なのである。

人気とは裏腹に、関係者にはびこる「箱根悪」論

 もう、ずいぶん前からだと思う。実業団の監督、それも名将と呼ばれる人たちと酒を酌み交わせば、よく聞く言葉がある。

 「箱根が悪い」
 「箱根が選手を勘違いさせる」

 長らく、日本男子マラソン界は世界で活躍できていない。その差は広げられる一方だ。1980年代は瀬古利彦、宗兄弟、中山竹通が活躍し、1991年東京世界選手権では谷口浩美が金メダル、1992年バルセロナ五輪では森下広一が銀メダルを獲得した。でも、マラソンが日本のお家芸だったのは、もう昔の話だ。

おすすめの記事