「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本陸上界の偉人5人

2016 7/23 23:12
ランナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

陸上ファンの方へ。
陸上を知れば知るほど、記録だけではなく数々の名選手のエピソードを知りたいと思いますよね。 今回は、見るもの全てに夢と感動と愛を与えてきた陸上界の偉人たちをご紹介します。

金栗四三の陸上への愛が「箱根駅伝」を生み出した

毎年1月2日と3日に行われる「箱根駅伝」。今やすっかりお正月の風物詩ですが、その「箱根駅伝」の生みの親といわれるのが金栗四三です。自らもオリンピックにマラソン選手として3度オリンピックに出場した金栗四三は1920年(大正9年)に行われた第1回箱根駅伝の開催に尽力。東京高等師範学校(現・筑波大学)、明治大学、早稲田大学、慶應義塾大学の4校での開催を実現しました。
金栗四三はその名を箱根駅伝の最優秀選手賞に「金栗四三賞」としてその名を残しており、間違いなく「日本陸上界の偉人」といえるでしょう。

国民に感動を与えたマラソンランナー・円谷幸吉

1964年の東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉も「日本陸上界の偉人」のひとりです。
元々トラックの選手であった円谷幸吉は、「日本陸上界の父」織田幹雄の勧めでマラソンに挑戦。そして初マラソンから7ヶ月でオリンピックに出場するという適性の高さを見せました。オリンピック本番ではゴール前の国立競技場で後続の選手に抜かれ3着。銅メダルを獲得しました。
その後次のメキシコシティオリンピックを目指した円谷幸吉でしたが、開催年の1968年に自殺。27歳の生涯を終えました。

おすすめの記事