「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

マラソンを走り切るための秘策。効果的な筋トレの方法とは

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by connel / Shutterstock.com

日本各地で定期的に行われているマラソン大会は、ジョギングを趣味としている人の1つの目標ともなっている。完走を目指して長距離を走るわけだが、その目標を達成する様々な方法の中に、筋トレを効果的に行うというのがある。今回は、その方法について探っていこう。

マラソン対策で筋トレをする意味を考えよう

まず最初に、なぜマラソンをするのに筋トレが必要なのかを考えていこう。
長距離を走りきるためには、当然ながらそれに対応したスタミナが必要となってくる。スタミナをムダに減らさないためには、理想的なフォームで走り続けることが重要だ。
いわゆる体にブレのない走りが必要となってくるが、体幹をしっかり鍛えておけばまっすぐ綺麗に走ることができ、終盤までスタミナを保持できるのだ。さらに足の筋力を鍛えることで足回りの筋肉が疲労を軽減する役割を果たし、足が地面を蹴るときのパワーやスピードのアップにもつながる。

筋トレはどこでも効率的に行える!

マラソンにおいて重要な意味を持ちうる筋トレだが、それではどこで行えば効率的なのか考えていこう。
近年、スポーツジムが駅前などに多くの店舗を構えており、老若男女誰でも気軽に入会ができようになっている。そのような場所で専門家の指導のもと行うのが最も効率的だが、お金や時間が限られている人にとっては難しい問題だ。
そこで実践したいのが、自宅で気軽にする方法である。ちょっとした空き時間を作り、計画的に毎日5分から10分程度行うだけでもかなりの筋力を手にすることができるのだ。

おすすめの記事