「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シンプルだけど奥が深い!陸上競技投てき種目のルール紹介

2016 12/9 12:03
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Diego Barbieri / Shutterstock.com

ものを遠くまで投げることを競う投てき種目。 この投てき種目とは一体どのような種目なのかご存知でしょうか?今回は陸上競技の中でも投てき種目に注目しそのルールをご紹介します。

投てき種目とは?

投てき競技はその名前の通り投げる能力を競う競技です。投てき競技は陸上競技のなかでも跳躍競技とともに、フィールドで行われるフィールド競技に分類されます。
投てき競技では投げるものの違いによって砲丸投げ・円盤投げ・やり投げ・ハンマー投げの4種目に分かれています。種目こそ異なりますが、いずれも「どれだけ遠くに投げられるか」ということを競い合います。 これらの4種目は現在オリンピックの種目に採用されていますが、円盤投げややり投げに関しては紀元前に行われていた古代オリンピックでも種目として行われるなど非常に歴史のある種目です。

砲丸投げのルール

砲丸投げは鉄でできた球(砲丸)を遠くに投げることを競う競技です。砲丸の大きさや重さは男女や年齢によって決められています。一般であれば男子では重さ7.265kg・直径11mm~130mm、女子では重さ4kg・直径95mm~110mmとなっています。ここから年代が下がるにつれて砲丸の重さ、直径の長さは下がっていきます。
選手は投てき用のサークル内から砲丸を投げます。砲丸投げのサークルは直径2.135mと決まっています。 選手は3回の試技ができ、最も良い記録が選手の記録となります。一方で、投げる際にサークルの外に出てしまったり、決められたエリア内に砲丸を投げられない場合はファウルとなりその試技の記録は認められません。

おすすめの記事