「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高く遠くへ飛ぶ!陸上跳躍競技のルールを徹底調査

2016 12/9 12:03
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stefan Schurr / Shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピックでの陸上競技の日本人選手の活躍をみて、陸上競技に興味を持った方も多いのではないでしょうか?今回はそんな陸上競技の中でも跳躍種目に焦点を当て、初めての人にもわかりやすくルールを紹介したいと思います。

跳躍競技とは?

跳躍競技は、陸上競技の中でも走り高跳び、棒高跳び、走りは幅跳び、三段跳びの総称で、高く跳ぶ、遠くへ跳ぶことを競う競技です。陸上競技の中ではフィールド内で行うフィールド種目に分類されます。走り高跳びや走り幅跳びは紀元前の古代オリンピックから行われていたという古い歴史があります。
また跳躍競技の特徴の1つに、選手が自身の気持ちを高めるため試技の前に観客に手拍子を求めるということが挙げられます。これは陸上競技の他の種目には見られないものです。

走り高跳びのルール

走り高跳びは地表から設置されたバーを飛び越えてその高さを競う競技です。バーを落とすと失敗になります。選手は同じ高さのバーに3回挑戦することができますが、必ずしも同じ高さに挑戦する必要はなく、1回目の試技に失敗した後に2回目の試技では高さを上げることも可能です。跳び始めの高さは選手が選手自身によって設定されます。しかし試技において3回連続で失敗するとその時点で競技は終了となります。
また、ある高さのバーをパスすることも可能です。パスによって選手自身にとって簡単に跳ぶことができる高さを避けることができ、体力の温存が可能になります。跳び方にはいくつかの種類があり、「背面跳び」「はさみ跳び」「ベリーロール」などが有名ですが、現在では背面跳びが主流の跳び方になっています。

おすすめの記事