「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

陸上競技の競走におけるルールを徹底調査

2016 12/9 12:03
陸上
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pete Niesen / Shutterstock.com

オリンピックにおいて陸上競技は花形ですね。陸上競技の競走種目は足の速い人を決める、単純ながら、人を魅了するスポーツです。その陸上競技の競争はどんなルールになっているのでしょうか?それぞれのルールを解説します。

短距離

短距離には、100メートル、200メートル、400メートルが含まれます。スタートに関して、選手はクラウチングスタートをとらなければなりません。不正スタート、いわゆるフライングは1回で失格になります。また、風に関しては、追い風で走ることが有利とされており、100メートル、200メートルに関しては、風速が追い風2.0メートルを超えたものは、追い風参考記録として扱われ、風速が追い風2.0メートル以内のものを公認記録として扱います。

ハードル

ハードル競技は、女子の100メートルハードル、男子の110メートルハードル、そして400メートルハードルがあります。スタートに関しては、クラウチングスタートでスタートします。不正スタートは、1回のフライングで失格です。風に関しては、女子の100メートルハードル、男子の110メートルハードルは追い風が風速2.0メートルを超えるものは、追い風参考記録として扱われ、追い風が風速2.0メートル以内の記録が公認記録として扱われます。
故意にハードルを倒しながら走ったり、ハードルの横を低い位置で飛ぶ行為は失格になります。

おすすめの記事