「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック、短距離走の注目ポイント

2016 12/9 12:03
オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Shahjehan/Shutterstock.com

スポーツ観戦に興味を持っている方へ。 2016年に行われたリオデジャネイロオリンピック、陸上の花形"短距離走"は白熱しましたね。 リオオリンピックの短距離走における注目ポイントを振り返ってみましょう。

100mは大本命ボルトが3連覇!

短距離走で一番の注目競技というと、やはり100m走ですが、この競技は大本命の世界記録保持者であるウサイン・ボルト選手(ジャマイカ代表)が優勝して金メダルを獲得することになりました。
ウサイン・ボルト選手はここまでのオリンピックで3連覇の大偉業を果たすことになり、その足の速さを改めて世界に見せつけることになったのです。
3大会連続ということは、12年間トップの座を維持しているということになりますから、ウサイン・ボルト選手は単純なスプリント能力だけでなく自己マネージメントにも長けているといえますね。
今後もウサイン・ボルト選手の走りに多くの方々が期待していることでしょう。

ライバルのガトリンは銀メダル

一方で、ウサイン・ボルト選手のライバルと知られているジャスティン・ガトリン選手(アメリカ代表)は、ウサイン・ボルト選手の後を行く2位となり、銀メダル獲得となりました。
ガトリン選手は、ボルト選手のタイムと比較してわずか0.08秒の差で2位だったのですが、100m走をはじめとした短距離走では、このわずかな差が明確な順位として現れるというのが、非常に見ごたえのある点といえますね。
ガトリン選手は、かつては世界記録を保持していたこともある選手ですし、ボルト選手と同様に今後の動向に多くのスポーツファンが注目している選手なのです。

おすすめの記事