「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ニューイヤー駅伝2017〈2〉~トヨタの3連覇が有力も、東日本勢も侮れない~

2016 11/25 12:08きょういち
大学駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Tatiana Edrenkina / Shutterstock.com

ニューイヤー駅伝2017①~それは駅伝日本一決定戦~ではニューイヤー駅伝とは何ぞや?ということを説明しました。じゃ、今年はどこが強いの?って思いますよね。今回は優勝候補を紹介します。

出場チーム一覧

選手層が厚い2連覇中のトヨタ自動車

 現在2連覇中なのが、トヨタ自動車です。豊富な資金力をバックにした選手層はさすがの一言です。中部地区の予選では、2位に約5分の差をつけて優勝。オープン参加のBチームも2位のNTNに2秒差で3番目にゴールしました。

 主将の大石港与、早川翼、宮脇千博、山本修平、松本稜ら実力のある日本選手に加え、外国人選手も複数います。そして、今年は東洋大学から昨年の学生ナンバーワン選手、服部勇馬が加入しました。その服部は中部地区の予選では最長の4区を走り、区間賞をマークしました。しっかりと戦力になっています。

 そういった選手を指導する佐藤敏信監督の手腕も大きいです。かつてはコニカミノルタのコーチとして、黄金期を支えました。トヨタ自動車に移ってからも、その指導力はいかんなく発揮されています。
 昨年5月、関東学生対校選手権のサブトラックに佐藤監督の姿がありました。視線の先には服部がいました。この時点でほぼ入社が固まっていましたが、念には念を押して、しっかりと足を運んでいました。その指導力もさることながら、スカウトでの腰の低さもさすがです。

 トヨタ自動車の不安要素とすれば、エース格の窪田忍が足首の故障で、ニューイヤーに間に合わない可能性が高いこと。もちろん、窪田が欠場すれば痛いのは間違いないのですが、それでもトヨタ自動車の選手層の厚さがカバーしてくれるかもしれません。

おすすめの記事