「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

山の神!ケニア人留学生!箱根駅伝の最速記録あれこれ

2016 11/25 20:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Freedom_Studio/Shutterstock.com

正月の風物詩である箱根駅伝を楽しみにしている方も多いのではないだろうか。2016年を終えて92回の歴史がある箱根駅伝には、様々な最速記録がある。今回はそんな箱根駅伝の各種最速記録を紹介する。

歴代最速記録更新!2015年青山学院大学

2016年まで92回開催されている箱根駅伝の歴代最速記録は、2015年に青山学院大学が記録した10時間49分27秒だ。これは2015年の第91回大会より一部のコースが通行禁止になったため、コースが変更になったことにより距離が変わったことで生まれた記録となっている。従来のコースよりも0.8キロ短縮されたために約2分記録が短くなったのだ。現在の距離になってから歴史が浅いので、今後すぐに更新される可能性が高いと言われている。

史上最強の呼び声も高い!2012年東洋大学

2015年の91回大会以前の最速記録は、2012年88回大会の東洋大学が樹立している。この年は山の神こと柏原竜二選手が4年生で、5区の山登り区間を歴代最速となる1時間16分39秒で走り抜いた。この柏原竜二選手の驚異的な走りで、復路スタートで2位の早稲田大学に5分7秒という大差をつけている。復路スタートが5分以上の差となったのは24年ぶりのことだった。また、繰り上げスタートが10校あり、こちらも18年ぶりのことだった。
この年の東洋大学は、往路成績、復路成績、総合成績とすべてのタイムを更新し、歴史的強さを発揮したのだ。

おすすめの記事