「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

どこが強い?高校駅伝の強豪校を男女別にご紹介!

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by stezzon/Shutterstock.com

高校野球のように大きく報道されることがない高校駅伝だが、強豪校といわれる高校が存在する。全国の駅伝強豪校の中から、強豪校を5校、厳選して紹介する。

全国制覇9度の名門・世羅高校(男子)

高校駅伝の強豪校と聞き、真っ先に思い浮かぶのが広島県の世羅高校だ。世羅高校は2015年の全国高校駅伝終了時で9回の優勝を誇り、この優勝回数は史上最多である。世羅高校は2002年からケニア人留学生を獲得しており、駅伝部の強化に当てている。
しかし、ケニア人留学生が1人入部すればチーム力が向上するわけではない。留学生と日本人の選手によるシナジー効果をうまく生み出しているのが、世羅高校なのだ。ケニア人留学生、日本人選手それぞれに個人目標を定めそれにむかって努力させる。これが世羅高校の強さの秘訣である。

高校駅伝は箱根への登竜門!山梨学院高校(男子)

山梨学院高校(旧校名:山梨学院大学付属高校)は、1998年に全国高校駅伝に初出場を果たすと2007年まで10年連続で出場し、2011年から2016年まで6年連続出場を続けている。
2013年に初優勝を遂げ優勝校の仲間入りを果たした山梨学院高校は、ほぼ全員が箱根駅伝を目指して山梨学院大学の陸上競技部へと進んでいる。これは日本人選手だけではなく、ケニア人留学生も同様だ。駅伝の花形である箱根駅伝へ出場したいというモチベーションが強さの秘訣なのだ。

おすすめの記事