「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校駅伝にも名勝負はあった!大学駅伝との違いや見どころは?

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by stezzon/Shutterstock.com

高校駅伝の存在をご存知でしょうか。大学生になると箱根駅伝、出雲駅伝、全日本大学駅伝と大きな大会がありますが、高校生には全国高校駅伝(通称高校駅伝)がその大舞台にあたります。今回は高校駅伝の見どころ大学駅伝との違いをご紹介します。

高校駅伝の舞台は都大路

男女ともに高校生で駅伝をやっている選手たちが目指す舞台は、毎年12月に行われる全国高校駅伝です。全国高校駅伝の舞台は京都府の都大路となっており1966年から変わっていません。高校野球でいう甲子園に当たるのが高校駅伝の都大路なのです。
男子は都大路で活躍し、大学進学後に箱根駅伝を目指すのが一般的です。全国高校駅伝は男子のみで行われていましたが、1989年からは女子の部も開催されるようになり、現在は午前中に女子の大会が行われ、午後に男子の大会が行われています。また、男子、女子と舞台は同じではありますが、コースには違いがあります。

高校駅伝は距離が圧倒的に短い!

高校駅伝と大学駅伝の大きな違いは距離にあります。

【高校駅伝】
全国高校駅伝:7区間(42.195キロ)

【大学三大駅伝】
出雲駅伝:6区間(45.1キロ)
全日本駅伝:8区間(106.8キロ)
箱根駅伝:10区間(217.1キロ)

高校駅伝は大学三大駅伝の中で最も短い出雲駅伝よりも約3キロ短くなっています。また、高校駅伝における現在の最短区間は2区、5区の3キロです。3キロの区間は差がつきにくいこともあり、力量が落ちるメンバーを起用することが多いのが特徴です。区間による距離の違いが大きいため、高校駅伝で活躍した選手がそのまま大学駅伝で活躍できるわけではありません。

おすすめの記事