「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝の外国人選手の歴史やルールはどうなっているの?

2016 11/25 20:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Morrowind/Shutterstock.com

日本人は駅伝が大好きで、正月の楽しみにしている人も多い。最近では、外国人選手が駅伝で活躍する姿を見ることも増えてきている。だが、いつから外国人選手が出るようになったのか、またルールがどうなのか気になる。今回は、駅伝と外国人選手について紹介する。

賛否両論の外国人選手

お正月の楽しみといえば、箱根駅伝という人も多く、箱根駅伝は日本のお正月になくてはならない風物詩として根付いている。2日間かけて非常に長い距離を走り、タスキをつないでいく選手たちの姿を見ると、新しい年に向けてやる気を刺激される。
そんな箱根駅伝だが、最近、外国人留学生の出場が目立つようになってきた。特にアフリカ大陸の国々からの留学生が多く、レースに大きな影響を与えている。学生の大会に外国人を使うなんて!と憤慨するファンや、レベルが上がっていいことだというファンに分かれており、賛否両論となっている。

箱根駅伝はいつから外国人選手がでるようになった?

箱根駅伝で外国人選手がみられるようになったのはいつ頃なのだろうか。気づいたら出場するようになっていたと感じている人も多いと思う。最近では各チーム欠かすことのできなくなった外国人選手だが、最初に外国人選手を起用したのは山梨学院大学だった。
1989年の第65回大会において、ケニア人であるジョセフ・オツオリを出場させ、7人のごぼう抜きを達成して周囲を驚愕させた。外国人選手の起用も関係してか、その後山梨学院大学は、総合優勝も達成し強豪校の一員となった。

おすすめの記事