「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝界で歴史ある法政大学について知りたい!

2016 11/25 20:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf/Shutterstock.com

箱根駅伝といえば、お正月の一番の目玉といっても過言ではない。学生たちの熱い戦いを見ることができるので、楽しみにしている人も多いのではないだろうか?今回は、そんな箱根駅伝出場大学の中でも歴史のある法政大学について紹介したいと思う。

第2回の箱根駅伝から出場している

箱根駅伝は非常に歴史が長く、1920年に「四大校対抗駅伝競走」という名前で始まった。
記念すべき第1回は早稲田大学、慶応大学、明治大学、筑波大学の4大学で開催。法政大学は、1922年の第2回大会から出場し、2016年までに合計で76回の出場を果たしている。これは、中央大学、日本大学、早稲田大学に次いで全大学で第4位の出場成績だ。また、最多連続出場回数は27回という記録を持っている。非常に歴史のある法政大学だが、その歩みはどのようなものだったのだろうか。

総合優勝の経験はまだない

法政大学は箱根駅伝の歴史において、第2回から出場している古参にもかかわらず、意外なことにまだ総合優勝の経験がない。
出場回数1位の中央大学で14回、2位の日本大学で12回、3位の早稲田大学で13階の総合優勝経験があるにもかかわらず、第4位の法政大学が総合優勝の経験がないというのは駅伝ファンの中でも非常に有名だ。予選を勝ち上ったり、シード回数は21回と比較的多いので、毎年のランナーのレベルは決して低いものではないといえるだろう。実力はあるけれども優勝経験がない大学チームとして、ある意味コアなファンも増えてきている。

おすすめの記事