「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

76回の出場を誇る法政大学の2017年箱根駅伝

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dean Drobot

いよいよ近づいてきた2017年の箱根駅伝。今回は、76回という4番目の出場回数を誇る法政大学に注目してみましょう。昨年の19位という屈辱を晴らすべく、シード権獲得を目指す法政大学駅伝チームについて、今年度の成績や注目選手についてご紹介します。

為末大さんの母校・法政大学陸上競技部

日本国内の難関私立大学の一つとして数えられることもある法政大学。学力はもちろんのことながら、野球やアメリカンフットボールなどスポーツの強豪校としても知られています。
そんな中、法政大学の陸上競技部は、長距離、短距離問わず数々の実績を誇る団体。創部は1919年で、これまで日本陸上界を代表する名選手の一人である為末大さんや、北京・ロンドンオリンピックに出場した金丸祐三選手、当時現役部員ながらロンドンオリンピックに出場した岸本鷹幸選手らを輩出しています。

箱根駅伝の出場回数は4位

これまで数々の有名選手を輩出してきた法政大学の陸上競技部。駅伝においては、特に箱根駅伝の常連校として知られています。これまでの箱根駅伝への出場回数は76回を数え、これは、中央大学、日本大学、早稲田大学に次ぐ歴代4番目の記録です。
しかし、2001年に往路、2006年に復路優勝を一回ずつ、総合では最高3位と出場回数が多いながらも総合優勝の経験はありません。また、出雲駅伝、全日本大学駅伝ともに2013年を最後に、出場から遠ざかっている状況です。

おすすめの記事