「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

帝京大学の箱根駅伝はどうなる?2017年大会の展望

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dmitri Ma/Shutterstock.com

全日本大学駅伝も終了し、今シーズンの大学3大駅伝も残すは箱根駅伝のみとなりました。ここでは、2017年の箱根駅伝をより楽しみたい方のために、今大会への出場が決まっている帝京大学駅伝競争部について紹介し、大会での展望に触れたいと思います。

帝京大学の駅伝競争部とは?

帝京大学駅伝競争部は、1999年に創部された歴史の浅いチームです。他の大学の多くが、陸上競技部内に駅伝チームや駅伝部門として箱根駅伝を目指すチームがあるのに対して、帝京大学は陸上競技部と駅伝競争部は別の部活として存在しています。
1979年に陸上競技部が創部された際には、箱根駅伝を目指す駅伝チームも陸上競技部内にあったのですが、その後強化種目となったことに伴い陸上競技部から分離し別の部活になったという珍しい形のチームです。2016年11月現在、53名の部員が所属していて、普段は2015年に新設された八王子キャンパスの陸上競技上で活動を行っています。

3大駅伝における成績

帝京大学駅伝競争部の大学3大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)における過去の成績を紹介します。帝京大学はこれまで、3大駅伝のすべての大会に出場していて、成績はそれぞれ 出雲:2000年初出場、過去5回出場、最高位7位 全日本:2001年初出場、過去9回出場、最高位10位 箱根:1998年初出場、過去出場17回出場(2017年で18回)、最高位4位 となっています。 本格的に強化を始め駅伝競技部が創部された、1999年より以前から成績を残すようになっていますが、まだ優勝には届いていません。
2016年に関していうと、出雲、全日本の両大会に出場し、どちらも10位という結果を残しています。全国で10位に入るということは至難であり、全国の大学が出場する両大会では、関東地域の大学に与えられる出場枠は箱根駅伝よりも少なく、まず出場すること自体が難しい大会であるということ、そして箱根駅伝対策という意味においては、この2つの大会で実戦における今シーズンの選手の調子や他チームの戦略などを知ることができ、箱根に向けて戦略を立てることができるという利点があるといえます。2大会出場、10位入賞という経験は2017年の箱根に向け大きなアドバンテージとなると言えるでしょう。

おすすめの記事