「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年の箱根駅伝のダークホース?創価大学駅伝チームの紹介

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf/shutterstock.com

今年も残すところあと2ヶ月を切りましたね。大学3大駅伝のうち、出雲駅伝、全日本大学駅伝が終わり、残すは箱根駅伝のみとなりました。今回はその箱根駅伝でダークホース的な存在になりうる創価大学について紹介します。

創価大学の駅伝部とは?

創価大学駅伝部は、陸上競技部の中に駅伝部として存在します。部の創部は1972年と比較的歴史の浅いチームです。創部当初こそ目立った成績を残せていませんでしたが、徐々に大学の支援もあり、戦える環境が整っていきます。
1990年にはスポーツ推薦制度を導入しチームの強化を始め、2003年には学連選抜として、創価大学から箱根駅伝を走る選手が出てきました。また、2008年に陸上部専用のグラウンドが整備されると、2014年に行われた箱根駅伝予選会で10位に入り、2015年箱根駅伝に初出場を果たします。後述する2017年の箱根駅伝本選にも出場が決まり、勢いのあるチームだと言えます。

全日本大学駅伝対校選手権・出雲駅伝での成績

部としての歴史は、他校の駅伝チームに比べると、比較的歴史の浅い創価大学駅伝部。大学3大駅伝と呼ばれる、出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝。その中で、出雲駅伝と全日本大学駅伝の2大会へは、学連選抜出場はあるものの、チームとしての出場を果たしたことはありません。
出雲駅伝と全日本大学駅伝は、関東のチームのみで戦う箱根駅伝とは異なり、全国のチームが出場する大会であり、関東から出場できるチーム数が箱根駅伝よりも限られるため、出場権を得ることが難しいのです。
この2大会に出場することにより、チームの調子がわかったり、他校の様子を伺ったりと、のちの箱根駅伝の戦略にもつながってきます。注目度は箱根駅伝の方が高いかもしれませんが、創価大学には今後もこの2大会への出場を期待したいところです。

おすすめの記事