「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年の箱根はシード権獲得なるか?神奈川大学駅伝チーム紹介

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf/shutterstock.com

年末も近くなり、駅伝のシーズンがスタートしました。箱根駅伝の出場チームも決まり、わくわくしている人も多いのではないでしょうか?今回は、2017年の箱根駅伝にも出場する神奈川大学の駅伝チームについて、直近の大会の成績を交えながら紹介したいと思います。

神奈川大学の過去の成績

神奈川大学のこれまでの成績を簡単に紹介すると、これまで男子大学3大駅伝と呼ばれる、全日本大学駅伝対校選手権大会(全日本大学駅伝)、出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の3つの大会それぞれに出場したことがあります。
箱根駅伝ではこれまで往路優勝3回(1997年、1998年、2002年)、復路優勝1回(1998年)、総合優勝2回(1997年、1998年)という成績を残しているほか、全日本駅伝でも 1996年、1997年に連覇を果たすなどしています。出雲駅伝に関しては、優勝こそしていないものの、2位に2回入っています。輝かしい実績を持つ神奈川大学駅伝部ですが、近年は出場しても上位に入れないなど苦しい時期が続いています。

箱根駅伝の前哨戦

ここでは、3大駅伝のうち神奈川大学が2016年の出場を逃した全日本大学駅伝、出雲駅伝について紹介します。この2つの大会は関東の大学だけが出場する箱根駅伝とは異なり、全国の大学が出場する大会なので、当然、神奈川大学の所属する関東地区の出場枠は箱根駅伝に比べて少なくなります。
関東地区の場合、全日本大学駅伝は選考会でのタイム上位9校が出場できます。また、出雲駅伝の場合は関東地区の出場枠は10。出場できるのは同年の箱根駅伝10位以内のチームと決まっています。 これらの2つの大会に出場しているチームのなかから毎年の箱根駅伝の優勝チームが出る傾向があるため、出場を逃したことは神奈川大学チームにとって痛手です。

おすすめの記事