「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝常連?上武大学駅伝部の歴史

2016 11/25 20:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Customdesigner/Shutterstock.com

第93回箱根駅伝への切符を手にした上武大学。9年連続となる箱根駅伝への出場にいたるまでの歴史を辿ってみるのはどうだろうか?大学の成り立ちや駅伝部創部のきっかけ、代表的なエピソードなどを紹介する。

『上武大学』とはどんな大学?

「自らの夢をもち、チャレンジしよう」

出典: 上武大学

それが、「上武大学」の教育方針。上武大学は1968年に創立された、群馬県伊勢崎市に本部を置く私立大学だ。「雑草精神(あらくさだましい)」という精神をモットーに、グローバル化していく日本の中でどんな逆境にも立ち向かえるような人材を育てるための教育を展開している。その方針は上武大学へ通う生徒はもちろんのこと、駅伝部の選手たちにとっても目指すべきアスリートの"型"と言って良いかもしれない。

元オリンピック選手が率いる上武大学駅伝部

上武大学の駅伝部は2004年に創部された。初代監督に迎えられたのは花田勝彦さん。彼自身はかつて箱根駅伝に出場し、区間新記録で区間賞を獲得した、実績ある選手だ。また、アトランタとシドニーで開催されたオリンピックにも出場するなど、経験豊富なアスリートでもあった。一方で上武大学の駅伝部の選手たちは高校時代に目立った実績をあげた選手が少ないという特徴がある。そんな無名の生徒たちを育て上げ、チームを箱根駅伝本戦へと導いた花田さんの実績は高い評価を得ている。

上武大学が箱根駅伝で残した成績

上武大学が箱根駅伝へ初めて出場したのは、2009年に行われた第85回大会だった。初出場時の順位は21位と残念な結果に終わったものの、それから2017年に行われる大会まで9年間連続で出場を続ける常連校となっている。過去の成績では初出場翌年の2010年に行われた第86回大会の14位が最高。予選会では常に10位以内へ入る力も持っている。2017年は箱根駅伝本戦でのトップ10入りはもちろん、念願の総合優勝を期待したい。

上武大学OBや、有名な選手は誰がいるの?

上武大学駅伝部はまだ創設間もない部だけに、まだその後活躍しているOBは見当たらない。しかし、上武大学出身アスリートとしては、オリックス・バファローズの安達了一選手、横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手など、プロ野球界だが、活躍するOBを多く輩出している。今後果たして駅伝部から未来のヒーローは生まれるのだろうか。2020年には東京で夏季オリンピックの開催が控えている。期待して彼らの戦いを見守りたいところだ。

箱根駅伝の新たな伝統?最初で最後の大会への感謝

上武大学で注目すべきエピソードといえば、当時の花田監督と地下翔太(じげしょうた)選手の逸話だ。地下選手は熊本出身で、駅伝のため遠く群馬の大学へと進学した生徒だった。花田監督から“いい選手だ”と評価されながらも、なかなか箱根駅伝を走るチャンスが巡って来ることなく4年生へと進級する。そしてついに最初で最後のチャンスが訪れたものの、最終区間の10区を走る地下選手に襷が渡った時点での上武大学の順位は20チーム中19位。そんな中、花田監督はこう地下選手にエールを送るのだった。

「おい、地下。よく頑張ったな。よく熊本から来てくれたな。ありがとうな。さあ、残りは、お前の花道だぞ。お前の桧舞台だ!頑張って良かったな!」

出典: 日テレ

この時、実況を担当していたアナウンサーも涙で言葉が出てこなかったという。誰よりも選手を知っている監督と、監督を信じて大舞台までたどり着いた選手の絆のエピソードだ。

まとめ

群馬県の歴史ある学校、上武大学。「雑草魂」を胸に、2017年の箱根駅伝ではどんなドラマを私達に届けてくれるのだろうか。後世まで語り継がれる歴史の1ページが生まれることを期待して、若きアスリートたちの戦いを見守ろう。

関連記事

おすすめの記事