「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

駅伝チームの歴史とは?拓殖大学の歩みを振り返る

2016 11/25 20:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by only_kim/Shutterstock.com

2017年箱根駅伝に4年連続の出場を決めた拓殖大学。38回目となる来年の大会出場までに至るまでの歩みを、2016年のうちに振り返ってみるのはどうだろうか?代表的な過去の歴史やチームエピソードを簡単に紹介する。

拓殖大学とはどんな学校?

拓殖大学は1922年に設立された、キャンパスを東京都文京区に構える日本の私立大学だ。もともとは台湾開拓のための人材を育てる目的で作られた学校だった。大学名の『拓殖』という名称には、"未開の地を開拓し移り住む"という意味があるそうだ。現在でも国際開発を見据えた人材育成を目的とした教育方針を理念として貫いている。なお、旧5,000円札の肖像としても有名な新渡戸稲造さんは、拓殖大学の学監(学長の立場に当たる人)だった。

拓殖大学陸上部の創部は昭和3年?

学長が国のお札にも選ばれるような歴史ある学校、拓殖大学。箱根駅伝を走る駅伝チームが所属する陸上部も、長い歴史がある。創部はなんと昭和3年(1928年)と戦前から存在するのだ。しかし、長い歴史の中では1度部が消滅してしまった経験も。陸上部消滅後7年で陸上同好会として再発足したのち、いまも続く陸上競技部になったそう。そんな長い歴史の中にはオリンピック日本代表に選ばれた選手もいるほど、歴史も実績も兼ね揃えたのが拓殖大学陸上競技部なのだ。

おすすめの記事