「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【箱根駅伝2017】拓殖大学の走りに注目しよう!

2016 11/25 11:06
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleg Troino/Shutterstock.com

初春恒例の一大イベント「箱根駅伝」まであと数ヶ月。数ある注目校の中から、今回は【拓殖大学】をピックアップしてご紹介いたします。2017年の注目選手は?2016年の大会の結果は?気になる拓殖大学の動向をまとめてチェックしましょう。

「拓殖大学」の駅伝チームについて

拓殖大学は、東京都にある私立大学です。派手なオレンジのカラーが目を引く駅伝チームで、毎年大会時にはそのハッキリとした色彩が印象に残る方も多いかもしれませんね。創部は1928年という、歴史の長いチームです。1958年に実質上の廃部を経験したものの、7年後の1965年に陸上同好会として再発足を果たします。その際、関東学連と日本陸連へ加盟、陸上競技部への復帰を果たしました。箱根駅伝への初出場は1933年に行われた第14回大会でした。

拓殖大学駅伝チームの成績をおさらい

拓殖大学は箱根駅伝に初出場した1933年以来、合計で37回の出場を果たしています。過去の大会での最高順位は7位。長い陸上部の歴史の中で、いまだ総合優勝の座についたことはありません。また、往路・復路それぞれでの優勝経験も無し。4年連続出場となる2017年箱根駅伝では、念願の総合優勝を勝ち取りたいところです。 なお「拓殖大学陸上部」としての成績ではありませんが、OBにはロンドンオリンピック男子マラソン日本代表に選ばれた選手もいます。

おすすめの記事