「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016年全日本大学駅伝〈2〉「青学はやはり“エビフライ”だった」

2016 11/14 16:16きょういち
大学駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生は突然化ける

 前半の4区までを終えてトップに立ったのは、大会前には優勝候補に名前があまり挙がらなかった名門の早稲田大学だった。


 5区(11・6キロ)にたすきを渡した時は2位に青山学院大学に1分7秒差。一気に、この大会の主役に躍り出た。
 立役者は4区を走った永山博基だった。鹿児島実業高校出身の2年生は、1万メートルの自己ベストが29分台。決して速くはない。でも、若いときの成長は計り知れない。この大会で永山は化けた。区間賞の走りで後続を一気に引き離した。青山学院大学の主将・安藤悠哉がトップに立つであろうという予想を、あっさりと裏切った。

化けるのは青学だって同じ

 1分少々の差。これ以上開かれると、アンカーに控える青山学院大学のエース一色恭志と言えども、逆転は厳しくなる。優勝候補の大本命が劣勢にまわったことで、レースは俄然盛り上がった。


 ここで青山学院大学を救ったのは、「弱い世代」と揶揄されてきた2年生2人だった。


 まず5区で小野田勇次が区間賞の走りで差を5秒縮めた。続く6区(12・3キロ)でも森田歩希が区間賞の走りで、差を25秒縮めた。「前は見えなかったけど、焦らず自分の走りを心がけた」と森田。この時点でトップ早稲田大学との差は37秒。逆転優勝が視界に入ってきた。そして、森田はこの走りで、この大会の最優秀選手に選ばれることになる。

おすすめの記事