「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック、陸上長距離の出場資格を徹底調査!

2016 10/27 18:11
世界陸上 2016 長距離 写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

オリンピックへの切符を手にする選手を選考する際、どんなルールで決められているのでしょう。陸上競技は、どういった基準で選考しているのか、リオデジャネイロオリンピック長距離トラック競技の5000mと10000mの選考から調べてみます。

5000m10000mのオリンピック出場資格

5000m10000mでオリンピック出場資格を得るための条件は2種類あり、【内定条件】と【選考条件】となります。
【内定条件】では、1:世界選手権で8位以内、かつ日本人最上位者、2:派遣設定記録を満たしており、日本選手権8位以内かつ最上位者、3:日本選手権の優勝者で、参加標準記録を満たしている者。
【選考条件】では、1:日本選手権で8位以内、かつ派遣設定記録を満たした者、2:日本選手権で3位以内、かつ参加標準記録を満たした者、3:日本グランプリシリーズかゴールデングランプリで、日本人1位かつ参加標準記録を満たし、日本選手権でも8位以内の者、4:参加標準記録を満たしている、強化委員会が推薦する者、となっています。

出場資格を得た選手:大迫傑

5000mと10000mで、リオデジャネイロオリンピックの日本代表としての出場資格を得た【大迫傑(おおさこすぐる)】選手は、どんな戦績で資格を得たのでしょうか。
5000mの出場資格は、2016年日本選手権での優勝者+参加標準記録を満たした者であるということです。そして10000mでの出場資格も5000mと同様で、日本選手権優勝者+参加標準記録を満たした者ということで、文句なし、国内2冠でオリンピックへの切符を手にしました。
ちなみに大迫選手、3000mと5000mの日本記録保持者です。

おすすめの記事