「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

狭き関門、オリンピック陸上・短距離種目の出場資格を徹底解剖!

2016 10/27 18:11
オリンピック 陸上 短距離
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pete Niesen / Shutterstock.com

オリンピックを愛する方へ。オリンピックの陸上競技の中でも注目度が高い短距離種目にスポットを当てます。日本代表選手の選考基準についても説明したいと思います。限られたアスリートだけがたどり着ける夢の舞台までのプロセスを紹介します。

短距離は、そもそもどのように種目が分かれているのか?

オリンピック陸上競技における短距離種目とは、クラウチングスタートでレースが始まるもので、男女ともに100m/200m/400mの3種目を指しています。
ちなみに、800m/1500m/3000mが中距離種目、5000m/10000mが長距離種目となります。こちらはクラウチングスタートではなくスタンディングスタートとなります。本稿で紹介する短距離走では、それぞれの走者に決まったレーンが与えられており、レーンからはみ出して前方の選手を追い越すことは禁止されています。

オリンピック出場選考会となる4つのコンペティション

日本陸上競技連盟は、4度のオリンピック出場選考競技会を準備しています。「世界選手権」は奇数年に開催される陸上界最大規模の国際大会。2015年の北京で開催されたものがリオデジャネイロオリンピック出場選考レースとなりました。
「日本選手権」は毎年6月に開催される日本陸上界最高峰の競技大会で、今年は名古屋で開催されました。
「グランプリシリーズ」は毎年日本各地で開催される日本陸上競技連盟主催の競技大会の一つ。今年は神戸・広島・和歌山・静岡で開催されました。
「ゴールデングランプリ」は毎年5月に開催される国際陸上競技連盟の公認サーキット大会です。かつて「スーパー陸上」と呼ばれた大会の後を継ぐもので、川崎を舞台に開催されます。

おすすめの記事