「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

マラソン日本代表オリンピック出場資格を徹底調査!

2016 10/27 18:11
オリンピック マラソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcio Jose Bastos Silva / Shutterstock.com

マラソンファンの方へ。「日本代表の出場資格はどうやって決めているのか」について知りたいですよね!選考基準の傾向など気になる豆知識をお届けします!

マラソン日本代表の出場資格の決定方法とは?

2016年リオ五輪、2012年ロンドン五輪の選考経過を観察すると、マラソンのオリンピック代表はおおむね次のような基準で出場資格を与えられるようです。

(1)まず代表選手の数は男女ともに3名です。オリンピックに出場するためには国際陸連が定めた参加標準記録を上回るタイムを出すことが必要条件となります。
(2)オリンピック直近に開催される世界陸上のマラソンで「上位8位以内に入賞」かつ「日本人最上位」となった1名は代表内定が確定します。
(3)残りの2名(世界陸上で内定が出なければ3名)については、世界陸上後に行われる3つの国内大会で優秀な成績を収めた選手に内定を出します。

オリンピック代表となる確実な条件は世界陸上での好成績

オリンピックの代表内定を勝ち取る確実な方法は、世界陸上で優秀な成績を取ることです。
これは、オリンピックのマラソンと世界陸上のマラソンでは出場する選手の顔ぶれや実力が類似しているため、世界陸上出の成績によってオリンピックの成績をある程度予測できるからだと考えられています。
この条件で代表となった場合、タイムは原則として無関係なので、後続の3大会で決まったほかの代表2名のほうがずっとタイムが良いということもありえます。

おすすめの記事