「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝・第一回大会を振り返ってみよう!

2016 10/24 19:31
マラソン 白黒
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Di Studio/Shutterstock.com

現在は国民的なイベントになっている箱根駅伝。第一回大会はどんな感じだったのか振り返ってみたいと思う。

第一回箱根駅伝が開催された当時の時代背景

第一回の箱根駅伝は、1920年2月14日と15日の2日間で開催された。
1920年は日本の年号では大正9年にあたり、日本がまだ大日本帝国だった時代だ。第一次世界大戦による特需景気で発展を続けていた日本経済が、その反動で不況に陥り始めるのがちょうどこの時期だ。
一方でアメリカ経済は史上空前の発展を続けて、それまで世界経済の中心であったロンドンをしのぎ、ニューヨークのウォール街が世界の中心となっていく。この時代から世界的にスポーツ熱は高く、戦争の影響がない限りはオリンピックも開催され続けていたし、日本からも選手が参加していた。

箱根駅伝が開催に至る経緯

1912年のストックホルムオリンピックのマラソン代表で日本における「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)は、マラソン選手であり、教育者でもあった。
当時の教育者仲間と日本マラソンの強化を考えていた金栗は、アメリカ大陸を駅伝で横断する計画を立てた。箱根駅伝の第一回はそのための選手選考という名目で計画されたといわれている。また箱根が選ばれたのは、冬場に観光客が減ってしまう箱根に観光客を呼び込むという意味合いもあったとされている。

おすすめの記事