「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女性が活躍する大きな駅伝大会をご紹介!

2016 10/24 10:31
マラソン 女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dirima/Shutterstock.com

女性が活躍する駅伝大会をご存じですか?今回は女性が活躍する日本の大きな大会を3つご紹介します。

皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

こちらの大会は省略して「全国女子駅伝」という呼び方もされる女子の駅伝大会です。日程は1月の第2日曜日、京都市を舞台に開催されていて、各都道府県の選抜チームが毎年しのぎを削っています。
大会の参加資格は日本陸上競技連盟に登録している日本国籍をもつ女子選手で、学校や勤務地、居住地の住所によって各都道府県の代表資格を持つことになります。全9区間(42.195km)のうち、中学生、高校生にあたるカテゴリーの選手が最低でも5区間を走らなければいけないため、若手の選手層も大会で勝つためのカギになってきます。
また「ふるさと選手制度」により、有名選手が自分の出身地の代表として活躍するといった、わくわくするような場面も見ることができるのも魅力となっています。過去には高橋尚子さん、野口みずきさん、千葉真子さんなどの有名選手が出場しています。

全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

こちらの大会は「全日本実業団女子駅伝」という呼び方をされる大会で、女子の実業団チームの最強決定戦として知られています。毎年11月か12月に開催されていて以前は岐阜県を舞台にしていましたが、2011年の第31回大会から宮城県に移り「クイーンズ駅伝in宮城」という愛称も定められました。
出場資格は前年の上位8位までのチームと予選会の上位14チームに与えられ、全22チームが出場します。コースは松島町から仙台市を結ぶ6区間(42.195km)で、松島の観光名所や仙台城、仙台市内などを巡ります。
所属会社の名誉や自分のプライドをかけて、毎年女子の有力選手が激闘を繰り広げる、大変見ごたえのある大会になっています。優勝回数では三井住友海上が7回で最多ですが、2013年からはデンソーが3連覇を果たすなど、勢力図もどんどん変わってきています。

おすすめの記事