「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

投てき競技、歴代名場面ベスト5

2016 10/12 03:34
ハンマー投げ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vectorfusionart/ Shutterstock.com

投てき競技は、砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投の総称だ。 世界記録の中には20年以上破られていない記録もあり、そこに至るまでに数々の名場面があった。 そこで今回は、投てき競技の名場面ベスト5を紹介する。

「重要なのは真実」室伏広治

室伏広治は、2004年に開催された、アテネオリンピックで見事金メダルを獲得した。 この金メダルは記録1位で金メダル獲得者であったハンガリーのアドリアン・アヌシュが、ドーピング違反で失格となったため、オリンピック最終日に繰り上げで獲得したものだった。 投てき競技では、オリンピック、世界選手権を通じでアジア初となる金メダルで、室伏広治はその年に開催された世界選手権でも全てで優勝するなど、素晴らしい活躍を収めた。

「20年以上破られない記録」ランディー・バーンズ

アメリカの砲丸投選手、ランディー・バーンズが記録した記録が23.12mだ。 この記録は2016年の現在に至るまで20年以上も破られていない大記録だ。 バーンズ選手は1990年5月20日に23.12mを記録しているが、同年8月7日に開催された大会でドーピングの陽性反応が出てしまう。 1992年のバルセロナオリンピックには出場できなかったが、1996年のアトランタオリンピックでは金メダルを獲得するなど、その実力が本物であることを証明した。

おすすめの記事