「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝と国立大学の関係について調べてみた

2016 10/11 18:34
大学 日本
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964 / Shutterstock.com

お正月の風物詩として国民に愛される箱根駅伝。近年、この一大イベントに国立大学が出場していないことは皆様お気づきでしょうか。本記事では箱根駅伝と国立大学の関係について調べてみました。

箱根駅伝の出場資格

はじめに箱根駅伝についての基本的な話をしていきます。箱根駅伝は正式名称を「東京箱根間往復大学駅伝競走」といい、全国大会である「全日本大学駅伝」の予選として行われる関東地方の地区大会として開催されます。そのためまず関東地方にある大学しか出場できません。
その中から学校として箱根駅伝本戦に出場できるのは、前年の大会で10位以内に入ってシード権を獲得した10校と予選会の記録が上位の10校、合わせて20校に参加資格が与えられます。

箱根駅伝・予選会の壁

ここまでの説明で勘のいい方はわかってしまったかもしれませんが、予選会の10位に入ることが国立大学には難しいくらいレベルが上がってしまっているというのが答えになります。毎年予選会には国立大学が参加して本戦出場を目指していますが、10位以内というのはとても高い壁として立ちはだかっています。
本戦に最も最近出場した国立大学は筑波大学で、1994年の第70回大会までさかのぼります。これも70回大会を記念して枠を増やしたことによる特例としての出場でした。

おすすめの記事