「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

時代を作った名伯楽!箱根駅伝の名物監督

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sebastian Duda/ Shutterstock.com

箱根駅伝には優秀な選手だけではなく、選手の才能を見抜き開花させてきた監督が大勢いる。
今回は、箱根駅伝で話題となった名物監督たちを紹介する。

駒沢大の名物監督、熱血漢の大八木弘明氏

1990年代後期にさしかかると、駒沢大が急成長を遂げて長期にわたる黄金期を築いている。その成長を支えるのが、大八木弘明監督だ。自身も中長距離の選手として箱根駅伝で2度の区間賞に輝いた。コーチに就任した95年以降、総合4連覇を含む7回の優勝を果たしている。
選手に食事を作らせるなど徹底した生活管理とともに、走り込みの際には軽トラックで後ろから怒鳴って追いかけるなど、熱血的な指導でも有名だ。本番では大八木監督が乗った監督車から怒鳴り声が聞こえた途端、不調だった選手が「反射的」に加速するほどだ。

独自の精神主義と徹底したデータ収集、早稲田大名物監督の中村清氏

近年の早稲田大の監督といえば、箱根歴代最強のランナーと名高い渡辺康幸氏を思い浮かべるかもしれないが、瀬古利彦氏を育てた早稲田の名伯楽といえば中村清氏だろう。その指導法は、仏教やキリスト教の講話を屋外で選手に聞かせるといった独自の精神主義がクローズアップされがちだが、ライバルに関するデータ収集は欠かさず、「勝てるレース」を徹底した。
中村氏の遺した名言として「マラソンは芸術」、素質の無い選手に対して「真鍮は真鍮」と語っている。

おすすめの記事