「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もう一度見たい!箱根駅伝歴代の名シーン

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sebastian Duda/ Shutterstock.com

お正月の風物詩として日本のお茶の間を独占している箱根駅伝は、毎年様々なドラマで私たちを感動させてくれる。
今回は箱根駅伝がもたらした歴代の名シーンを紹介する。

箱根駅伝の無情さが垣間見える繰り上げスタート

箱根駅伝では毎年のように発生するのが「繰り上げスタート」。これはトップの選手が中継地点を最初に通過してから規定時間を超えた場合、前走者を待たずに次のランナーがスタートしてしまうという決まりだ。公道を使用して大会は行われているため、渋滞を緩和させるためにはタスキが途切れるのも仕方がないことだが、命がけで走っている選手やタスキに込められた伝統を考えるとやるせなさもこみ上げてくる。
中でも印象的なのは、1999年(第75回)の9区で発生した繰り上げスタートだった。法政大が中継所の選手を目前にしながらも無情のピストル音。走り去る仲間を見て、選手は一瞬目を見開いて驚き、悔しそうな表情でゴールに吸い込まれていった姿が印象的だ。

名選手もけがに泣いた「棄権」という箱根駅伝の悲劇

箱根駅伝にとってタスキの繰り上げスタートは悲しく辛いことだが、それよりもさらに悲しいのは、チームの記録が途切れること。それは「棄権」という扱いで、後続のレースに順位はつかない。1996年、山梨学院大は3連覇をかけて4区にエース、中村祐二選手が登場。快調な出だしを期待したが、2キロ過ぎから右足に激痛が走る。
走ることすらままならず、それでも痛みをこらえながら、監督の制止を振り切って歩く。最後は監督が中村選手に触れて無念の棄権。この出来事を節目に、山梨学院大は箱根の総合優勝から縁遠くなった。

おすすめの記事