「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シード権へ挑戦!2017年箱根駅伝へ国学院大学を分析

2016 10/3 15:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dmitri Ma/ Shutterstock.com

全国の大学駅伝ファンの方へ!
3年ぶりの箱根駅伝の出場を目指すのは国学院大学がどのような活躍が期待できそうなのか知りたいと思いませんか?
同大の戦力を分析してご紹介します。

箱根駅伝初出場は2002年で事実上の最下位

陸上競技部が1890年に創設された伝統のある国学院大は、初めて箱根駅伝に出場したのは第77回大会(2002年)のことでした。その時の順位は15チーム中14位で、東海大学が2区で途中棄権してしまったため事実上の最下位でした。1位の順天堂大との差は31分50秒。
シード権内の9位山梨学院大との差は16分37秒、13位の平成国際大との差は11分30秒と、データからはかなり突き放された最下位だったことが読み取れます。

2011年の箱根駅伝は往路6位

箱根駅伝の予選会を7位で通過して2年ぶりに出場した79回大会(2004年)は20校中14位。今大会から出場枠が4校増えた(これにオープン参加の関東学連選抜が加わる)ことで出場を果たすことができましたが、全ての区間順位が二桁と低調(3区の11位が最高、2区の19位が最低)でした。
同校の最高順位は87、88回大会の10位。4年ぶりの出場となった87回大会(11年)は予選2位と好調な勢いを持続させて往路も6位と健闘しました。

おすすめの記事