「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

留学生ランナーが強力!日本大学の2017年箱根駅伝を考察してみた

2016 10/3 15:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf / Shutterstock.com

箱根駅伝ファンの方へ。
日本大学駅伝といえば、留学生ランナーを起用することでも有名ですが、2017年の箱根駅伝に向けての戦力状況はどうなっているのでしょうか。
本記事では日本大学駅伝の注目選手やレース展開を考察していきます。

通算出場86回、総合優勝12回の箱根駅伝の伝統校

まず、日本大学が箱根駅伝においてどのようなポジションをたどってきたのかについて紹介します。
日大は第3回大会から出場し通算出場回数86回、総合優勝は計12回にも上る伝統校です。2016年現在、過去10年間の成績をみると第83回(2006年)の総合2位が最高でしたが、その後は凋落。
第87回(2010年)は総合20位に沈み、翌11年は予選会で敗退。屈辱にまみれた年となりましたが、第89回(2012年)は箱根の舞台に戻ると15位でフィニッシュ。翌年の第90回大会では7位まで押し上げました。

2016年の箱根駅伝は5区で躍進も復路後半で大失速

2016年における日大の箱根駅伝の闘いぶりに移ります。出だしの1区は9位とまずまずの成績で、スター選手が集まる2区も区間9位(総合11位)と中位をキープしますが、均衡が崩れたのが3区。区間17位と精彩を欠いて13位に下がると、4区はさらに順位を落として14位。
沈みかけたチームを救ったのは、頼みの綱であるD.M.キトニー選手(4年)でした。山登りの5区で区間1位と大活躍し、一気に順位を6位まで上昇します。復路は6区こそ総合5位で順風満帆に見えましたが、後続は軒並み崩れて順位を下げ、ゴールの大手町では11位とシード権の確保には至りませんでした。

おすすめの記事