「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海大学の戦力は?2017年箱根駅伝を予想

2016 10/3 15:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavel1964/Shutterstock.com

箱根駅伝ファンの方へ! 期待の新人も入ったことによってさらなる飛躍が期待される東海大箱根駅伝ではどのような走りを見せてくれるのでしょうか。 本記事ではチームメンバーを調査し、徹底的に分析していきます。

箱根駅伝出場43回の伝統校

東海大は第49回大会(1973年)から出場43回を誇る伝統校の一つです。連続出場は89回大会(2013年)に「40」で途切れてしまいましたが、再起をかけて臨んだ90回大会は13位、91回大会は6位、92回大会は5位と伝統校の復活へ上位進出を果たすことができました。
これまでの最高成績は80回(2004年)大会の2位。これまで一桁後半から二桁前半の順位を行ったり来たりで、なかなか上位進出ができなかったのですが、ここにきて再び成績が上向いてきました。

第81回箱根駅伝は往路優勝も終盤に大失速

東海大におけるこれまでの最高成績は、91回大会の11時間07分08秒です。往路優勝を果たした81回大会は、往路を5分32秒11で折り返すことができたものの、6区から選手が調子を落とし始めて9区は区間20位のブレーキが響いて6位に終わりました。
個人成績では2014年に日本選手権5000メートル、1万メートルをそれぞれ優勝した名ランナー、佐藤悠基選手が83回大会の1区、82回大会で3区、84回大会の7区でチームの最高成績(いずれも区間賞)を記録しています。

おすすめの記事