「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

総合力で3連覇なるか!青山学院大学の2017年箱根駅伝を分析

2016 10/3 15:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Denis Rozhnovsky/Shutterstock.com

箱根駅伝ファンの方へ!
箱根に彗星のごとく現れ2015、16年と箱根駅伝を連覇した青山学院大学の3連覇に期待している方も多いのではないでしょうか。
本記事では現状の戦力を徹底的に分析し、その可能性について詳しく紹介していきます。

箱根駅伝初参戦は1965年の「最下位」であった青山学院大学

青山学院大学が初めて箱根駅伝の本戦に参加したのは第41回大会(1965年)のことです。予選会を3位で通過したものの、出場15校のうち14位。
連続出場は52回大会(1976年)まで12回に上りますが、52回大会ではゴールまであと150メートルのところで選手が脱水症状で倒れて病院に搬送。体調不良をごまかしながら走りましたが、悔やみきれない無念の棄権を招いてしまい、それ以降は長きに渡って青山学院大は箱根の舞台から遠ざかってしまいました。

陸上競技部に原監督が就任、青山学院大学が大改革

しかし、青山学院大は2004年に陸上競技部監督に就任した原晋氏によって大きな改革が起こりました。陸上の名門である母校の世羅高校や中京大中京高から選手を獲得したことで徐々に戦力が整い、85回大会(2008年)に33年ぶりの箱根駅伝出場を果たします。
ここからさらに戦力を底上げして86回大会は総合8位、87回は往路16位から復路5位まで巻き返す走りで総合9位と頭角を現し始めます。12年には全日本大学駅伝を予選落ちする憂き目も見ましたが、これをバネに学生3大駅伝の一つ「出雲駅伝」で初優勝。これが15、16年の箱根駅伝連覇へとつながっていきました。

おすすめの記事