「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チーム一丸で勝負する中央学院大学の歴史を調べてみた

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maridav/Shutterstock.com

箱根駅伝に17回の出場と7回のシード権を獲得している中央学院大学の駅伝部の強さの秘訣をご存知だろうか。
本記事では箱根駅伝に初出場を果たすまで、そして近年の中央学院大学の歴史を振り返っていく。

中央学院大学 箱根駅伝出場の記録

1966年に中央学院大学が創設されてから、28年後の1994年、第70回箱根駅伝に初めて出場した時の記録は、総合で16位、タイムは11時間38分35秒だった。それから22年後の2016年、第92回箱根駅伝まで毎年出場を果たし、最高順位は2008年、第84回大会の総合第3位、記録は11時間11分05秒だった。毎年10位入賞までに与えられる、翌年出場のシード権は7回獲得している。
2日間かけて行われる往路、復路の走者10人とそれを支える監督を始めとした仲間たちは、たくさんの練習を重ねて毎年の出場を勝ち取っている。

箱根駅伝出場までの立役者

1985年に中央学院大学の助教授となり、駅伝部のコーチとなった川崎 勇二監督は92年に監督に就任してから、わずか2年の94年に箱根駅伝初出場に導いた。川崎 勇二監督は箱根駅伝出場に特化した練習ではなく、まず初めに正しいフォームを身に着けるという練習を徹底させた。これは大学を卒業した後も実業団で通用する実力をつけ、活躍してほしいという思いがあったそうだ。
順天堂大学時代に箱根駅伝を経験した元選手としての指導は結果として毎年出場を実現し、川崎監督の指導力を確固たるものにした。初めから優れている選手などいないので、じっくりと一人一人に向き合い、その選手にあったプログラムを組んで力をつけて行くことが、選手からの信頼とチームワークの良さにつながり、強さにつながっているのだ。

おすすめの記事