「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝常連校となった国学院大学駅伝の知られざる歴史

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AlexMaster/Shutterstock.com

大学駅伝ファンの方へ。
正月の風物詩と呼ばれる箱根駅伝に何度も出場を果たしてきた名門、国学院大学。
本記事では国学院大学の駅伝部にスポットをあて歴史や伝統について徹底解剖する。

国学院大学・陸上競技部の歴史

国学院大学が設立されたのは1882年(明治15年)、陸上競技部の創部は1890年(明治23年)であり陸上競技部としての歴史は古い。しかし箱根駅伝に初めて出場を果たせたのが2001年の第77回大会。これまでに9回本戦に出場しているが、特筆すべきは、第87回(2011年)第91回大会(2015年)まで5年連続で出場しているところである。2011年と2012年は総合成績10位となり、シード権も獲得している。
圧倒的なパワーを持つ選手はいないが、近年はチーム平均で安定した戦力を有しており、予選会を勝ち上がる術を身につけてきたところだ。

【2000年の国学院大学】念願の予選会突破!箱根駅伝に初出場!

箱根駅伝に限って言えば、1986年から予選会に出続けてたものの、毎年予選落ちを繰り返していた。長いトンネルに光が差したのは2000年、第77回大会の予選会でのことだ。1ヶ月に1000km以上を走りこむ努力が実を結び、全体の3位で予選突破を果たす。
個人トップは橋本勝選手の31位だったが、1分で10人がゴールに飛び込む団体走の真骨頂を見せ、最終的には12人中7人が50位以内に入ったのだ。国学院大学として初出場した箱根駅伝は、21世紀最初の箱根駅伝。ぶっちぎりで勝てるエースはいなかったものの、全員がベストを出し尽くし、繰り上げスタートなく往路復路ともに完走することに成功した。

おすすめの記事