「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

駅伝の名門校、日本大学駅伝チームの歴史

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sainthorant daniel/Shutterstock.com

箱根駅伝の常連校である日本大学。 過去には4連覇を達成した駅伝部の強さにはどんな秘密が隠されていたのだろうか。 本記事では日本大学駅伝チームの知っておきたい歴史や特徴を紹介していく。

日本大学駅伝チームのはじまり

日本大学は東京都千代田区九段南に位置している私立の学校だ。大学名の正式な読みは「にっぽんだいがく」で、略称として「日大」と呼ばれることが一般的だ。大学は1920年に設立され、現在では日本でも最大規模の総合大学として発展を遂げている。
日大の陸上競技部は大学設立から翌年の1921年に創部され、2016年時点で創部96年というたいへん長い歴史をもつ陸上競技部となっている。箱根駅伝は大学設立と同じ1920年に第一回大会を開催しているが、日大の駅伝チームは1923年の第3回大会から出場している。

日本大学駅伝チームの戦績

日本大学駅伝チームは前述のとおり1923年から箱根駅伝に参戦し、順調に強化を進めた。箱根駅伝では1935年の第16回大会で初の総合優勝を果たすと、第19回大会まで史上初の4連覇を達成し黄金期を迎えた。箱根駅伝では、現在までに往路優勝13回、復路優勝13回で、総合優勝は12回という輝かしい実績を収めているが、1974年の第50回大会からは優勝から遠ざかっている。
全日本大学駅伝では、1991年に初優勝、その後も2005年、2009年と3回の優勝を果たしている。出雲駅伝でも力を発揮し、1989年の第一回大会で優勝、2003年と2004年、2008年と2009年に連覇を達成している。

おすすめの記事