「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝最大優勝回数を誇る日本体育大学駅伝の歴史

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Daniel Korzeniewski/Shutterstock.com

超名門と名高い日本体育大学駅伝部の輝かしい歴史はどのようにして生まれたのだろうか。 本記事では歴史や現在のチーム状況を紹介したいと思う。

日本体育大学駅伝部の歴史

学友会日本体育大学陸上競技部駅伝部門は、1925年(大正4年)に創部された。男子駅伝部は、全国大学において最多となる計23回という大会総合優勝を誇る。学生三大駅伝と呼ばれている出雲大会・全日本駅伝・箱根駅伝の各駅伝大会では、日体大は駒澤大学と同様に全国大学最多タイとなる計21回の優勝に輝いている。
全日本大学駅伝(11回優勝)では68回の区間賞獲得記録を保持し、未だかつてその記録を超える大学は存在しない。1月の2日・3日両日で行われる最も知名度の高い大会箱根駅伝では、65年間という長い年月の中で連続65回出場(2013年時点)を果たしている全国有数の超名門校だ。

伝統の日体大ユニフォーム

駅伝男子ユニフォームは、白色のランニングシャツに、日体ブルーと言われるチームカラーのスカイブルーが横じまラインをかたどっており、「日本体育大学」の文字が記入されている。短パンには青色と鮮やかなオレンジの縦2本ラインとその右側には縦書きで「日体大」のロゴがある。襷は白色で可愛らしくもりりしい「花桜のシンボルマーク」と日本体育大学の青文字刺繍が施されている。
以前に1度だけデザインが変更になり花桜のユニフォームというものが着用されていたが、現在は再び当初のものに戻っている。

おすすめの記事