「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

箱根駅伝連続40回出場!東海大学駅伝の歴史と記録

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by lzf/Shutterstock.com

強豪校と名高い東海大学はどのようにして強豪校と呼ばれるまでになったのだろうか。 今回は東海大学にスポットをあて、その歴史を紹介していく。

東海大学陸上競技部とは

東海大学の陸上競技部は神奈川県平塚市の湘南キャンパスにある。短距離や中長距離競歩などの種目に分かれて活動しており、発足は1960年で同好会として生まれた。それから2010年には創部50周年を迎えるなど、伝統ある部活動として活躍している。日本学生選手権では2002年に行われた第71回大会で初優勝をし、その後も2004年で行われた第73回大会、そして2007年の第76回大会でも男子が優勝を飾っている。

東海大学陸上部からオリンピック選手も!

東海大学陸上競技部は男子の部では優れた成績を残している選手も多数おり、その中でも1982年には男子400mで日本新記録を樹立するなど、記録をを作り出している。
2003年の世界選手権では末續慎吾選手が男子200mで銅メダルを獲得し、2008年には北京オリンピックで末續選手と塚原選手が男子4×100mリレーで銅メダルを獲得するなど、輝かしい成績を収める選手を輩出している事でも知られている。2013年には高野進が短距離コーチを務め、駅伝の監督では両角速が務めるなど多方面での監督やコーチとしても活躍を続けている選手もいる。

おすすめの記事