「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

総合優勝13回を誇る早稲田大学駅伝の歴史と伝統

2016 10/4 00:52
駅伝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Yeko Photo Studio/Shutterstock.com

男子学生の三代駅伝で20回もの優勝を誇る名門校、早稲田大学競走部の強さ、知りたいと思わないだろうか? 安定した実力を見せる同校の歴史と伝統を紹介する。

箱根駅伝に通算85回、総合優勝13回を誇る名門

えんじ色のユニフォームが特徴の早稲田大学は、箱根駅伝が始まった1920年の第一回大会から出場している。2016年の92回大会までの出場回数は85回で、うち13回の優勝を誇る名門チームだ。
特に際立つのが復路での逆転優勝の多さだ。往路を2位以下で走り、復路で1位に輝いて総合優勝を果たした回数は計6回。有力選手を往路に並べるのが早稲田の傾向だが、復路でも遅れを取り返すことができる選手層の厚さが早稲田の駅伝の特徴の一つと言えるだろう。

武井、花田、櫛部、渡辺の活躍で93年箱根駅伝制覇、全日本4連覇

早稲田大の駅伝における黄金期といえば「90年代前半」と答える方は多いだろう。1年時から箱根駅伝い出場し続けて4回とも区間賞(うち3回は区間新)を記録した武井隆次選手をはじめ、花田勝彦選手、櫛部静二選手とともに「早大三羽烏」と呼ばれ、これに2年後輩だった渡辺康幸選手も含めた活躍で93年の箱根駅伝を優勝した(94~96年は2位)。
また、全日本大学駅伝に4連覇(92~95年)した時期ともかぶっている。この4人は後に大学や実業団で指導者として活躍し、後進の育成にも多大な貢献をしている。

おすすめの記事