「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

複雑なルールも分かれば面白い④ アメリカンフットボールは「だまし合い」のスポーツ

2018 8/4 15:00SPAIA編集部
アメフト,アメリカンフットボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

見るものを欺く「フェイク」

アメリカンフットボールの魅力の一つが、その攻撃の複雑さだ。基本はランとパスで行われるが、相手守備陣にランと思わせてパスを投げることもあれば、その逆もある。相手をだますプレーを「フェイク」と呼ぶ。アメフトとはある意味、だまし合いのスポーツである。

試合中によく見るのが、「プレーアクションパス」というプレーだ。

これは、ランプレーのふりをして、パスを投げるというもの。ラインのセンターからボールをスナップされたクォーターバック(QB)が、ランニングバック(RB)にハンドオフする(ボールを渡す)ように見せかけて、パスを投げる。ハンドオフのふりをするのが「フェイク」である。

相手守備陣はランプレーと思って突進してくるから、後ろのスペースが空く。そこにワイドレシーバー(WR)が走り込み、パスを受ける。QBのフェイクがうまいと、見ているものはランプレーと思って、RBの動きを追ってしまう。テレビの中継でも、カメラマンが時々だまされてしまう時がある。

逆にパスと見せかけて、ランプレーをするときもある。その一つに「ドロー」というプレーがある。

スナップを受けたQBがパスを投げるようにドロップバックする(前を向いたまま後ろに下がる)ふりをして、近くにいるRBにハンドオフをして、RBがランプレーで前進する。

QBがパスをするように後ろに下がるので、相手守備陣はパスを警戒して後ろに下がる。そのため、守備陣の前方にスペースができる。そのスペースを狙って、RBがゲインするというものである。

QBが選択する「オプションプレー」

「オプションプレー」にはいろいろな形があるが、QBが2人のRBと横に走りながら、相手の守備陣の対応を見て、QBがそのまま走るか、RBにピッチする(後ろに投げる)かを選択するのが一般的。QBがプレーを選択(オプション)するから、「オプションプレー」と呼ばれる。フェイクで「だます」というより、相手に対応するという感じかもしれない。

ただ、2人のRBのうち、QBに近い方のRBが相手陣に向かって縦に走り、そのRBにハンドオフするふりをして、QBともう1人のRBが横に走りながら、オプションプレーをするときがある。法政大が1990年代に得意としていたプレーである。

このオプションプレーだが、本場米国のプロリーグNFLではほとんど見ることができない。QBがボールを持って走るということは、相手の守備からタックルを受けるということになるが、NFLの守備選手は体が大きく、そのパワーはとてつもない。タックルを受けるとQBはケガをしてしまう。だから、NFLではオプションプレーを選択することはほとんどない。

かつて、日本の大学ではこのオプションプレーが攻撃の主流だったが、近年ではパス主体のフォーメーションを採用する大学が多く、オプションプレーを見る機会が減ってきている。

おすすめの記事