「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関西でも古株である関西大学アメフトチームはどんなチーム?

2017 3/3 09:51ユタロー
アメフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleksandr Lysenko/Shutterstock.com

関西大学のアメフトチームは、関西の大学の中でもかなり古株のチームです。 チームの特色や実力はどのようなものなのでしょうか? 関西の大学生アメフトに興味を持ったら、まず関西大学を知っておきましょう! 今回は、関西大学アメフトチームについてご紹介します。

その名は関西大学カイザース

関西大学のアメフトチームは、関西大学カイザースという名前で登録されています。「皇帝」という意味の名前を冠している通り、非常に歴史のある大学アメフトチームです。創部されたのは1935年1月です。これは、関西の中の大学の中で最も古く、80年以上という長い歴史を有しています。
また、200人近い部員数と20人以上のスタッフによる非常に大きなアメフトチームとして知られています。経験豊富なコーチやトレーナーのもとでトレーニングを積むことができます。

カイザースの黄金期は?

関西大学カイザースの黄金期は、1940年代といわれています。1946年に関西の大学生リーグが開始されました、初年度は春リーグだけの優勝でしたが、翌年の1947年にはすべての試合に勝利を収めて完全優勝で初優勝を達成しました。また、その翌年1月に行われた甲子園ボウルでも優勝を収めて、日本国内の大学で一番のアメフトチームとなりました。
この黄金期のカイザースは、まさに「皇帝」の名にふさわしいチームであったと言えるでしょう。

おすすめの記事