「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメリカのカレッジフットボールに挑戦している日本人について

2017 3/3 09:51ユタロー
アメフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Herbert Kratky/Shutterstock.com

これまで、日本人がプロアメリカンフットボール選手になるのはもちろんのこと、大学のカレッジフットボールの選手になることも不可能といわれていましたが、このたび初の日本人選手が誕生しました。 彼はどのような選手なのでしょうか。また、かつての挑戦者にはどのような選手がいたのでしょうか?

かつてアメリカの地で選手になったものはいなかった

アメフトの本場といえば、やはりアメリカでしょう。NFLはアメリカの中でも野球と同じかそれ以上に人気のあるスポーツで、スーパーボウルと呼ばれる決勝戦に至っては、アメリカ国内で祝日とされており、国を挙げてのお祭り騒ぎとなります。
日本にもアメフト文化はありますが、体格の差や人種の壁などにより、アメリカのプロリーグで戦おうと思っても不可能といわれてきました。それと同様にカレッジフットボールでも不可能といわれるほど難易度が高いとされており、実際に選手として出場した日本人はいませんでした。

庄島辰尭の存在

そんな中、日本人の庄島辰尭(しょうじま・たつあき)選手がカレッジフットボールの選手として出場するという快挙を果たしました。
庄島選手は、現在カリフォルニア大学のロサンゼルス校に在籍しています。アメフトファンでなくても、UCLAといえばアメフトの名門チームのある大学というイメージを持つことができるでしょう。
庄島選手は、9歳まで東京で生活して、以降はロサンゼルスで生活してきました。攻撃ラインの要であるセンターの選手であり、身長190cm、体重145kgと日本人ながらもきわめて恵まれた体格を持っているのです。

おすすめの記事